レース別難易度比較表

レース別難易度比較表

コース

平均タイム 難易度
OCC 10:30 Some difficulties
CCC® 22:00 Quite difficult
TDS® 27:30 Difficult
UTMB® 40:00 Quite difficult
PTL® 136:00 Very difficult

 

難易度 コース状況
参加条件

Some difficulties

★★

標高2,000m、石のフィールド(ガレ場)が少しあり、若干、傾斜のきついところがあります。
  

中程度の標高の山でのトレッキングの経験があり、4〜5時間程度、自立してトレッキングをする能力を備えていること。
また悪天候(雨、風、氷点下、雪)に直面した場合でも自ら対処できる能力を有していること。

Quite difficult

★★★

標高2,500〜2,600m、石のフィールド(ガレ場)があり、若干、傾斜のきついところがあります。 中程度の標高の山でのトレッキングの経験があり、4〜5時間程度、自立してトレッキングする能力を備えていること。
日中夜、悪天候(雨、風、氷点下、雪)に直面した場合でも自ら対処できる能力を有していること。

Difficult
★★★★

標高2,700m、コースは明確に表示されておらず、長い上り坂と下り坂が続きます。  安全のために設置されたロープを用い、手を使ってバランスを取る必要がある箇所があります。またコースは山深いエリアで人里から隔離されており、 エイドステーションは少ししか設置されていません。

基本的な山での経験があり、5〜6時間程度自立してトレッキングする能力を備えていること。
日中夜、悪天候
雨、風、氷点下、雪)に
直面した場合でも自ら対処できる能力を有していること。

Very difficult

★★★★★

標高3,000m以上、多くの道は不明瞭で、コースマークは表示されていません。草の茂る芝生の通過しづらい斜面もあり、非常に難しいコースです。また、いくつかの簡単なクライミングのセッションがあり、 氷河や雪上では、滑る危険性があります。コースは非常に山深いエリアで人里から隔離されています。エイドステーションはありません。
豊富な山での経験があり、ナビゲーションの心得があること。
一日中、自立してトレッキングする能力を備えていること。
日中夜、非常に厳しい天候( 大雨;強風-10℃以下の極寒)に直面した場合でも自ら対処する能力を有していること。

※ ★マークが多いほうが、より難易度の高いレースです。